やわたのイソフラボン&ファイバー

やわたのイソフラボン&ファイバーの原材料や副作用の危険性はある?

健康志向の方に人気のサプリメントブランド、やわた

老舗の健康食品会社である八幡物産が販売している健康食品のブランドです。

原材料を扱う海外の生産地を直接スタッフが訪れて品質確認やコミュニケーションをとり食の安全を確保しているというやわたの商品。

中でも、女性には嬉しいイソフラボンと食物繊維を一緒にとれる「やわたのイソフラボン&ファイバー」が人気です。

年齢を重ねて更年期にさしかかり心身の不調や体形の変化などを解消したいと悩む女性から注目を集めています。

でもいくら老舗と言っても口にするものですから、購入する側としては詳しく情報を知りたいですね。

イソフラボン&ファイバーの原材料は?

副作用の危険とかはないの?

といった基本的なことが気になりますね。

そこで今回は気になる

『やわたのイソフラボン&ファイバーの原材料や副作用の危険性はある?』

について調べてみました!

やわたのイソフラボン&ファイバーの原材料は?

原材料は大豆イソフラボンと焙煎玄米など!

やわたの製品は自然由来の成分を使用することへのこだわりにあふれていますよ。

やわたのイソフラボン&ファイバーの原材料についても、自然由来の成分となっています。

原材料はコチラ↓

イソフラボン&ファイバーの代表的な成分として、大豆イソフラボン・食物繊維・18種類のアミノ酸・焙煎玄米・ビタミンDがあります。

女性ホルモンのエストロゲンは女性らしさに関わる美と健康を維持するのですが、それと非常に似た作用をするのが大豆イソフラボンです。

特に更年期障害に悩まされる40代くらいからエストロゲンが減少するのでイソフラボンの摂取が体調を整えるのに大事になりますね。

やわたのイソフラボン&ファイバーでは大地の恵みいっぱいの大豆からイソフラボンを配合しています。

ファイバー(食物繊維)は体調をスッキリさせてくれるのですが、大豆や玄米にも多く含まれるものが配合されていますね。

焙煎玄米というのは、ストレスによる心身の不調をサポートするギャバという成分を豊富に含んでいます。

そしてやわたでは原材料の取得から出荷まで国際規格のISOFSSCなど食品安全の認証を導入しています。

この原材料はこうした細かな検査に合格したものですから、安全ですね。

また他のイソフラボン食品とちがって特筆すべきは、18種類のアミノ酸ではないでしょうか。

体を作るたんぱく質のもとになるアミノ酸の中でも、体の中で作ることはできない必須アミノ酸9種類を含んだイソフラボン食品はなかなかありません。

これにより女性の美と健康をサポートしてくれ、また一緒に配合のビタミンDが加齢とともに減るカルシウム吸収を助けてくれます。

イソフラボンや食物繊維といった多くの女性が求める成分だけでなく、こうした相乗効果の狙える成分も一緒に配合されているのが嬉しいですね。

やわたのイソフラボン&ファイバーは副作用の危険性はある?

小さい子供や妊婦さんなどの摂取はダメ!イソフラボン摂取量に注意

そんな健康と美容に良い原材料・成分がたっぷりのやわたのイソフラボン&ファイバーですが、副作用の危険性なんてあるのでしょうか。

調べてみると、イソフラボンについては摂りすぎると生理不順や不正出血、胃の痛みや吐気、下痢などの起きる可能性があるんですね。

ホルモンバランスに影響してしまうからかもしれません。

大豆イソフラボンアグリコンの摂取上限は1日に30㎎で、イソフラボン&ファイバーの場合は1日に1袋が適量とされていますから、これを守りましょう。

また妊娠中の方や赤ちゃんに授乳中の方、乳幼児や小児は服用しないように注意が必要です。

まとめとして

やわたのイソフラボン&ファイバーは美と健康を気にかけている女性にはぴったりの成分が沢山配合されています。

スティックタイプの顆粒なので、牛乳やヨーグルトと手軽に摂れるのがいいですね。

体に悪い成分は入っていないのですが、イソフラボンの摂取上限だけは気を付けて、適量をしっかりとって効果を実感したいところです。

まずはやわたの公式ホームページで商品をチェックしてみて下さいね!